山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)は京都市中京区にある歯医者さんです
山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)の診療のご案内
[月火木金土]午前:9:00 - 13:00 午後:14:30 - 18:30 [休診日]水・日・祝

山本歯科口腔外科医院
(やまもとしかこうくうげかいいん)

〒604-8035
京都市中京区新京極通六角下る東入桜之町446

最寄り駅 地下鉄東西線京都市役所前駅より
徒歩5分
京阪電鉄三条駅より徒歩5分
阪急電鉄河原町駅から徒歩5分

山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)へのアクセスはこちら
診療内容

歯周病、歯周外科、予防処置、口臭

   歯周病とは、以前歯槽膿漏と呼ばれていた、歯を支える骨が溶けていく病気で、虫歯とならんで最も歯を失う原因となる病気です。 日本人の35歳以上では80%以上がかかっているといわれる程一般的ですが、その予防・治療は一筋縄ではいきません。 病態自体は、歯に付着した歯垢=プラーク(いろいろな種類の歯周病菌)により歯の周りに炎症が起き、 その結果として骨が溶けていくというすこぶる単純なものですが、この歯垢(時間が経って硬くなったものが歯石)を全て除去することは不可能に近く、減らすことも容易ではありません。 歯周病にかかっていない健康な状態ですと、ブラッシングのみで減らすことが可能ですが、上記の通り、多くの人はすでに歯周病にかかっており、歯の周りの溝(ポケット)が深くなってしまっています。 この部分の歯垢・歯石除去は非常に手間と時間がかかり、専門的な処置が必要になり、進行している場合は手術が必要になることもあります。 このように、歯周病を治療するためには、効果的なブラッシングと専門的な歯垢・歯石除去の両輪が必須となります。
歯周病、歯周外科、予防処置、口臭
歯周病、歯周外科、予防処置、口臭 矢印 歯周病、歯周外科、予防処置、口臭
顕微鏡写真    歯医者さんで定期的にお掃除してもらっているのだけれど…という方も多くいらっしゃると思います。 常々感じておりますが、3か月に一度の簡単な歯石取りで歯周病を管理することは多くの方で不可能と思います。 歯周病にほとんどかかっていない方はそれで十分ですが、多くの方はその方の病状の進行具合や歯周病菌の種類・性状に応じて、専門的な処置が必ず必要なはずです。 また、多くの方法の中から、その方に適したブラッシング方法もあるはずです。当院では、その人それぞれの進行具合、および歯周病菌の種類・性状についてまず 十分に把握し、ご本人に理解いただいた上で、その方に最も適した治療方針(ブラッシング方法を含む)を熟考し、処置を進めて参ります。 歯周ポケットに豊富に存在する歯周病菌の種類・性状については、顕微鏡の最高峰といわれるオリンパス社製の顕微鏡にて、専門的に診査致します。歯周病治療は時間と手間がかかるものです。不明点はどうぞお尋ねいただければと思います。
ブレストロン    当院では、必要があれば、口腔外科の知識・経験を活用し、歯周病治療のためのいろいろな手術(フラップ手術などの各種歯周外科)を積極的に行って参ります。 また、必要があり、ご希望があれば、溶けてしまった骨を再生する最新の歯周組織再生治療も行います。 これには、自分の顎の骨や人工骨を移植する骨移植法、GTR膜という人工の膜を使用するGTR法、新生骨できるとされる薬剤エムドゲインを使用する方法などがあります。 ただし、これらの治療は保険がきかず、また全ての症例に適応できるわけではありませんので、症例の選択に細心の注意が必要になります。    また当院では、歯周病が原因の1つと考えられる口臭についても取り組みます。 他の口腔内細菌にくらべ、歯周病菌は強い悪臭を放ち、口臭の原因となることが知られています。 ハリメーターといわれる口臭測定器で口臭を定量的に評価し、口臭治療に役立てます。 もちろん、口臭は他の原因で起こることも多くありますので、歯周病の改善が口臭の改善につながっていない場合、他の医療施設にて適切な治療を受けていただくよう取り計らいます。
このページのトップへ