山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)は京都市中京区にある歯医者さんです
山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)の診療のご案内
[月火木金土]午前:9:00 - 13:00 午後:14:30 - 18:30 [休診日]水・日・祝

山本歯科口腔外科医院
(やまもとしかこうくうげかいいん)

〒604-8035
京都市中京区新京極通六角下る東入桜之町446

最寄り駅 地下鉄東西線京都市役所前駅より
徒歩5分
京阪電鉄三条駅より徒歩5分
阪急電鉄河原町駅から徒歩5分

山本歯科口腔外科医院(やまもとしかこうくうげかいいん)へのアクセスはこちら
診療内容

睡眠時無呼吸症候群

   健康の維持には、しっかりと睡眠をとることが重要ですが、熟睡ができなかったり、日中に眠くて困る、といった睡眠障害がある人は20%にも及ぶと言われています。 中でも睡眠時無呼吸症候群は、1〜2%を占め、日中の眠気による仕事能率の低下や、交通事故、などさまざまな障害をもたらします。 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上の無呼吸の状態を繰り返す疾患で、肥満、上気道の形態、姿勢などが原因で舌がのどのほうに下がることで気道が狭められ、呼吸が妨げることで起こります。 無呼吸状態を続けることにより、脳血管障害や心疾患を併発するとも言われています。 また、無呼吸とまでいかないまでも、気道が閉塞すれば、いびきの原因となり、熟睡の妨げになるばかりか、家族や同居人の睡眠を障害することになります。 さまざまな治療法がありますが、当科では、スリープスプリントというマウスピースのような装置を作製して、治療を行っています。
スリープスプリント
睡眠時に下顎を前方に持ち上げるように作製されたマウスピース様装置で、これを装着して就寝することにより舌を持ち上げ、舌後方の空間を広く開け、気道が広がり、無呼吸やいびきを防止します。 このスプリントは、医科で睡眠時無呼吸症候群と診断され、紹介されたもののみが健康保険の適応になります。
このページのトップへ